賢い家の建て方|プロに任せて安心不動産管理~後悔しないマンション買取を行う~
男性と女性

プロに任せて安心不動産管理~後悔しないマンション買取を行う~

賢い家の建て方

説明

土地は借りたほうが

自分が所有している土地に家を建築する人が大勢いますが、中には土地を借りてそこに家を建築する人もいます。家の上物は自分が所有しているけど、下の土地は借り物だというパターンです。借りている土地になりますから所有者には、当然地代を支払っていく必要があります。まったく同じ家を、面積が同じ広さの土地に建築するときに都会で建築するのと、田舎で建築するのでは、田舎で建築するほうが安くなります。それはなぜかというと土地の値段が都会のほうが、高くなっているからです。ですから家を借地の上に建てると、家の建築コストが随分と安くなることになります。借地にすると土地を購入するお金が必要ではなくなりますので、その分安く家を建築することができます。

固定資産程度で

自分が土地の所有者になる所有権に対して、借地を利用する借地権というのがあります。借地権が設定されている土地に家を建てることで、土地のお金を支払う必要はありません。また、所有者に払う地代もその土地の所有者と相談して決めることができます。借地権のほとんどは、自分が利用しない土地に設定されていることが多く、地代も所有者と相談して、一年に払う固定資産税ぐらいの金額で借りている人もたくさんいます。またこの権利も期間が定められていますが、ほとんどが自動更新されます。所有者にすれば土地を遊ばせておいて、税金を払うよりかは税金分ぐらいは人に貸して賄いたいと思うからです。一方で土地の所有者と相談して格安の値段で借りている人もたくさんいます。借地権が設定されている土地を扱っている不動産屋さんも多くありますので、家を建てるときは不動産屋さんで借地のことについて相談するのもよいことです。